最新の JavaScript を最速で学ぶ!

プログラミングアカデミー ゼロプラスワン

JavaScript

JavaScript null値 undefined値

更新日:

null値は、普通のオブジェクト指向言語にはよくあるものですが、undefined値というのは、JS独特の概念のようです。

どちらも「値が入っていませんよ」ということを示しているので、混乱する人が相当数いるような気がしていますので、説明しておきます。

null値は何もない値という意味

nullは値がないことを示します。

null は、数値でも文字でもBooleanの値でも配列でもオブジェクトでもなく、何もない値。を示すときに代入されるものです。

JSには変数にどんな型のものでも代入できるので、配列を代入してたものに、null を入れたり、オブジェクトを代入してたものに、null を入れたりすることができます。

存在していたものが、存在しなくなった、ということを示したりします。

undefinedは定義されていない値という意味

変数は宣言されていないときにはエラーになります。

エラーにならないように宣言はしてみます。しかし、変数に値は設定しないと、undefined になります。サンプルプログラムをみてみましょう。

undefined という値が定義されているので、それを代入することもできて、一度値を入れてからまた元の初期化状態にすることもできます。

オブジェクトのプロパティを変数として使う場合も多いので、そちらでもサンプルを書いておきます。

値が存在するか、しないかを判定する

null も undefind も、下記のように値があるかどうかを判定することができます。

以前に、false 属性に書きました。

 プログラミングアカデミー ゼロプラスワン
プログラミングアカデミー ゼロプラスワン
https://zero-plus-one.jp/programming/javascript-boolean-if-truthy-falsy/
最新の JavaScript を最速で学ぶ!

null も undefined も False 属性をもつので、値が存在しているかどうかの判定を上のように書けたりします。このようなコードは実際の業務ではよく見かけます。null と undefined どちらも同じように使えるために、同じようにつかうプログラマはとても多いのです。どちらを使っていいのか、よくわからなくなってしまいます。

他の言語では、undefined というものは存在せず、null だけで済まされているものも多くあります。JavaScript には undefined なんていう不思議な値がなぜ存在しているんだろうと、思わなくもありません。ですが、JS では区別されています。

プログラマはあいまいなものをそのままにしておかず、厳密にしておかなければ、動作を間違えてしまう場合があります。実際に、null と undedfined の値の違いで処理が分岐されている場合があり、それを明確に区別したくなる場面はあり、区別しないとプログラムが書けないという場面はあります。

ちゃんと区別しておきましょう。

厳密にいうと、null と undefined は意味は違う。

「null値は何もない値」という意味で、「undefinedは定義されていない値」という意味です。

これをどのように区別するかというと、何も値がないことを示すには「null」を代入します。そして、定義されていない値、を示す必要はないので、「undefined」は、自分のプログラムで代入する必要がありません。

変数を自分で未定義に初期化する場面というのは、プログラムを書いていて、ほぼないです。つまり、代入する値としては、「undefined」を使わないということです。

何もない値を使いたいときは、「null」を代入しましょう。

例をあげます。JavaScript では、このようなプログラムを書く場合がとても多いです。

この場合には、data という変数に、どこからかとってきたJSONデータを格納しています。JSONデータなのでさまざまな形式になる可能性があり item1 や value1 が未定義、つまり undefined の場合があります。

なので、undefined かどうかの判定が必要になります。

本来は厳密に書くとすると、このように書くのがよいでしょう。

そして、これは、data.item1.value1 が未定義なのか、明示的にデータがないことを示す null が代入されているかを判定することができます。

このような場合に、null と undefined を区別することができるようになるのです。

データが存在しないことを自分で示す時は「null」を代入する、データが存在しないような、JSON データがくるときは、「undefined」で判定する、「undefined」は自分では代入しない。

このようにしておくと、プログラムの見通しがよくなります。

undefined は未定義を示すので、関数引数に使われる

このような場面でも使われます。関数の引数が存在するかどうか、です。

引数を2つとっているか、1つとっているか、が判定できるというわけです。

まとめ

  • null と undefined については、どちらも値がないという意味で似ている。
  • 使い方を分けておいた方がよい。
  • null は自分で空の値を示すために代入するときに使うとよい。
  • undefined は元から値が存在しないとき、に使い、自分で代入はしない。

このようなことを学んでおくと、役に立つと思います。

似たような違うものを厳密にしっかり区別することができたら、プログラマとしての腕が一段階も二段階もあがっていきますので、わからなくなったときは、またこのページを見直して便利に使ってください。

-JavaScript

Copyright© プログラミングアカデミー ゼロプラスワン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.